position: absolute;

SideBarの機能を追加する[Sublime Text]


このエントリーはSublime Text Advent Calendar 2014の25日目です。おかげさまで全日エントリーが揃いました。ありがとうございました。で、言い出しっぺにして最終日の私が遅れてしまうという。すいません。すいません。

まあ、いいです。気を取り直して行きましょう!(自分で言うな)

今回はSublimeTextでは「必須」とまで言われているパッケージ、SideBarEnhancementsのお話です。

万人向けの機能はちゃんと揃っているSideBarEnhancementsですが、「俺はこれつかうのよ」って機能を追加したくなります。で、いろいろと調べたりするんでしょうが今回はお得意(?)のパッケージに手を入れる方式でやりたいと思います。

まずはひとつパッケージを入れます

PackageResourceViewerというパッケージをインストールしましょう。パッケージのカスタマイズなどが行えます。例えば私が書いたWeb制作者のためのSublime Textの教科書にある、入力補完のカスタマイズなんかはこれを利用すると楽に行えます(さり気なく宣伝)。

それではカスタマイズ

PackageResourceViewerで、SideBarEnhancementsのSide Bar.sublime-menuを開きます。


今回は、サイドバーのコンテキストメニューに「New View into File」の機能を追加してみます。まずは、機能がSublime Textの中でどういうコマンド名で実行されているかを調べます。いろいろ方法があります(例えばショートカットの設定からしらべるなど)がとりあえず対応するコマンド名はclone_fileです。

で、追加したい機能を設定で記入します。

{ "caption": "-","id": "side-bar-edit-open-separator"}, //区切り線
{ "caption": "New View into File","id": "new_view_into_file","command": "clone_file","args": {"paths": []} }, //ここに設定
{ "caption": "-","id": "side-bar-edit-open-separator" }, //区切り線

では試してみましょう。


イエーイ。ということで最終日に開設した本人がミソつけてすいませんのSublime Text Advent Calendar 2014は以上です。みなさまありがとうございました!