position: absolute;

もう本が出てるし!『Facebook発 新プログラミング言語「Hack」スタートアップガイド』

Facebookが2014年3月24日に「Hack」というプログラム言語をリリースしました。「Facebookは自社向けにカスタマイズしたPHPを利用しているのかー、まあ用途もはっきりしてるし最適化はしてても不思議じゃないよね。」などと思いつつも、「そもそもなんでリリースしたんだ?」というのが気になってちょっと調べてようにもまだ情報は少ないし…、と思っていたら『Facebook発 新プログラミング言語「Hack」スタートアップガイド』が出ているではないですか。なにこれ早い。なんでも世界最速の解説書だとか(2014年4月1日発売)。それはなぜ日本から?それはともかくこのスピード感を実現した関係者の皆さんに拍手。パチパチパチパチ。しかも400円。英語のドキュメント漁ったり、情報の出ているエントリーとか探してめぐることを考えればエラくお得な感じです。

書籍の内容は、著者が実際にHackをインストールして動作を確認しながら主だった特徴について書かれています。で、最後まで読んでみてなんとなく何故Facebookがこれをリリースしたのかについて考えることもできました。


一歩先の活用のために…『Sass&Compass 徹底入門』を読んで


今や世界でお馴染み「StyleStatsの石本さん」が監修された、『Sass&Compass徹底入門 CSSのベストプラクティスを効率よく実現するために (DESIGN & WEB TECHNOLOGY)Kindle版)』を購入して読んだのでその感想をば。

ちなみにどうでもいいことですが、間違えて2冊買ってしまったようです。「オレンジ色のアイツ」の発売で、あれこれ面倒を見ていてamazonの荷物開けずに置いていていざ開封したらこんなことに、あうあう。まあ、機会があれば誰かにあげることにしよう、そうしよう。

まずは原著の発売(2013年8月)から半年ほどで発売ということなのでそれほど記述内容が古いということはないと思います。この領域はまだまだ動きがあるのでこのスピード感はありがたいですね。

また、Compassをセットで活用することが前提で書かれているのも実践的でいいと思います。Sassの解説を行う場合に、Compassをどう入れこんでいくかで焦点がぼやけるケースがあったりしますが、こういう形で最初から組み込んでいるので中途半端な印象はありませんでした。


あなたのSublime Textを見せてもらいました(中間報告)Ver 1.1


先日刊行された『Web制作者のためのSublime Textの教科書』のFacebookページの企画として「あなたのSublime Textを見せてください」を行なっています。結果、数日で15名(関係者含む)の方々に利用しているSublime Textのスクリーンショットと、見た目に関わる部分の設定(themecolor_schemeなど)の内容を投稿していただきました。ありがとうございます。

[追記(2014/03/25)] その後投稿いただいたものについても反映しました。

投稿していただいたままというのももったいないので、15名21名ということではありますが、今回はどういったテーマをみなさんが採用しているかを中間報告としてお知らせいたします。なお、カスタマイズが行われていたり、同じセットのものは基本的に同じとしてカウントしているのでそれに関してはご留意をお願いします。

ざっと集計した結果

いわゆるFlat系が人気ですね。世の流れを反映しているという感じがします。以下に集計の結果を並べていますが、DarkとLightをまとめるという「おいっ!」な事しています。サンプル数が少ないことと、リンクをたどっていって同じページに行くのもねー、ということでこうしていますのでご容赦をば。


Web制作者のためのSublime Textの教科書(無料で第1章のPDF公開中)


2014年3月20日の今日(一部では昨日から)私が執筆に参加した、

が発売になりました。(その他のストアはImpress Japan: Web制作者のためのSublime Textの教科書 今すぐ最高のエディタを使いこなすプロのノウハウを参照してください。)

第1章までを無料にてPDFを公開しています!

また、この書籍は第1章までをPDFで無料公開しています。Sublime Textの紹介、インストールから初期設定、テーマの変更などまでを解説している章です。もし、ご検討中という方がおられましたら、インプレスジャパンの紹介ページよりダウンロードして検討の材料にしてみてください。

執筆までの経緯

こもりさんから執筆についてのコンタクトがあった時は、『現場のプロが教えるWeb制作の最新常識』の執筆のまっただ中で、これは正直どうしたものかと思ったんですが、幸いにも編集さんが『最新常識』と同じリブロワークスの大津さんということで、双方のスケジュールを調整しながら2冊連続で執筆に参加することができました。

ちょっとウラ話

基本私は岡山に在住している身なので、書籍のキックオフミーティングなどにはなかなか参加できません。しかし、この本に関してはたまたまいい時期に上京する用事があったので、日程を調整していただき参加することができました。その中で印象に残っていることをウラ話としてひとつ…。


あなたのSublime Textを見せてください


この度、『Web制作者のためのSublime Textの教科書 今すぐ最高のエディタを使いこなすプロのノウハウ』という書籍の執筆に参加しました。どうぞよろしくお願いします。

で、この書籍のテーマがSublime Textですので、企画としてみなさんのSublime Textを見せていただきたい!ということになり、そのやり方をご案内します。