position: absolute;

『現場のプロが教えるWeb制作の最新常識』発売記念イベントやります!


はい!やるんです!

といいつつ、「書籍でました」というエントリーを書いていないのでこちらから説明しますね。はい。

エムディエヌコーポレーションより、現場のプロが教えるWeb制作の最新常識 知らないと困るWebデザインの新ルールという書籍が1月下旬に発売されました。この書籍に私も共著者として参加しています。

発売されてから半月ちょい経過していますので、書評というか感想をいくらか頂いています。書いた人間がどうこう言うよりそちらを見て頂いた方がよろしいかと思いますのでザッと並べてみますね。

…ということで、皆さまご紹介ありがとうございます。で、気になる方はご検討頂けると幸いです。

「こういった書籍としては情報の鮮度が高め」という評価を頂いていますが、これはすべての原稿が書き上がってから発売まで1ヶ月かかっていないという、完全に正月返上で進めて頂いた関係者各位の賜物です。改めて感謝です。

また、各項目が書き上がると、まぼろしの皆さまのチェックがちゃんと入っていましたので、クオリティ面でも担保できているのではないかと思います。そういったことが「よくまとまっている」という評価につながっているのではないかと。

個人的には、自分の書いたJavaScriptを西畑さんにチェックされるというというのはかなり胸アツでした。jQueryを利用する箇所で、onで書くところを何故かbindで書いていて(多分仕事で1.3の案件のメンテをやってたからかなー[いいわけ])、それを西畑さんに指摘された日には、MBAのSSDを真っ白にして旅にでようかと思うぐらい恥ずかしい気持ちになったのも今となってはいい思い出です(違。

で、発売記念イベントについて

2014年3月8日(土) 14:00より、株式会社メンバーズ ラウンジスペースにて行います。詳細とお申し込みは下記リンクより!

『現場のプロが教えるWeb制作の最新常識』発売記念イベント | Peatix

参加料1,000円で、執筆陣4人のそれぞれセッションと監修の株式会社まぼろしさんを加えたトークセッション、そして懇親会(軽食・アルコールあり)までセットになっております!


スマートフォン向けのフォームを作成する際に参考になる書籍


2013年の4月13日にCSS Niteビギナーズ:HTML5+CSS3というセミナー・イベントにHTML5でのフォームについて登壇してお話する予定です。

その中で自分の経験や記憶だけで話すというのは流石に偏ってしまわないか不安になるので、最終的なシナリオの組み立てのために手元にあった書籍(上の写真のもの)をざっと再度確認しました。

どれも参考になりますし、流石に押さえるべき点はどの本も押さえていますが、その中でも「スマートフォン向けのフォーム作成」に関して特におすすめできるんじゃないかというのが2冊ほどありましたので紹介します。


インターフェースデザインの心理学-ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針-

インターフェースデザインの心理学

Susan Weinschenk 著、武舎 広幸、武舎 るみ、阿部 和也 訳

年末から年始にかけて読んでみました。副題に「ウェブやアプリ」をありますが、基本は心理学の観点や人を相手にした実験結果の紹介などになっています。

画面構成やデザインを考えるときに「どう見せたいか」ではなく、最終的に「ユーザーがどうとらえるか」を考える必要があります。その考え方はたとえば受注製作の立場だった場合にクライアントよりは制作に携わる部分で保管する必要があると思います。

その中で、ある程度こちら側が提案や意見を入れていく過程である程度の根拠は必要で、そういったものを経験や勘、個人的な思考に頼るのも否定はしませんが、きっちりと手順を踏んだ結果の情報を持つというのは大きな武器になります。

デザイナーやディレクターもこのあたりの情報を仕入れておくと、案件を進めていく上で有効ではないかなと。