position: absolute;

2月8日(土)岡山WEBクリエイターズ「Webデザイントレンド in 岡山 2014」に登壇します


『ウェブにまつわるマルチデバイスの現状と対応の方針』というテーマで2月8日(土)に行われる、岡山WEBクリエイターズ「Webデザイントレンド in 岡山 2014」に登壇することになりました。

詳細は第24回 岡山WEBクリエイターズ「Webデザイントレンド in 岡山 2014」のお知らせ | 岡山WEBクリエイターズ -okaweb- です。申し込みもこのページから申し込みへのリンクがありますので是非ともご検討お願いします。

『ウェブにまつわるマルチデバイスの現状と対応の方針』とは

セッションの内容ですが、概要はこんな感じで用意しています(時間の都合などで変わるかもしれません)

  • 統計から見るデバイスの動向
  • 最近のスマートフォンの動向
  • タブレットの動向
  • 対応の手法
  • 対応の現状
  • もう少し先の話
  • まとめ

スマートフォンやタブレットの普及などでユーザーがウェブを閲覧する環境が変化しているというのは、ウェブ制作に関わっている方々ならご存知でしょう。ただし、「どのように変化しているのか?」という点に関してはなかなかアンテナを張っていないと把握するのは難しい部分があります。ですので、今回はあくまで私の視点ではありますが、統計のデーターや調査会社が出している分析や予測を紹介しながらユーザーの閲覧環境はどのような変化をしているのか?どうなっていくのか?について私見を交えながら紹介していきたいと考えています。

また、そのような状況に対してどのような対応の手法があるかという紹介を行います。今回はテクニカルな内容のセッションではないので、「こんなのがありますよ」というお話に留めますので「ふーん」って感じで聞いて頂ければ幸いです。さらに、それらの対応の中で現状の世間での対応状況はどのような感じなのか?ということも紹介する予定です。この辺りは、CSS Nite LP31 Shift7(Webデザイン行く年来る年)が終了しました | CSS Nite公式サイトで仕入れてきた情報も交えつつ、こちらも私見を交えながらお話していきます。

実は、このあたりのお話はとある書籍で私が担当して執筆したところですので(ここから半分以上宣伝)、下調べもがっちりやっております。当然、本には書ききれなかった部分や執筆後の新しい情報なども折り込んで行きますのでご期待ください。え、その本はなんだ?って?仕方ないですねー。紹介してしまいますよ。いいんですか?これです。

※ 以上、宣伝失礼しました。

そのほかのセッションについて

Webデザイントレンド:キャプチャで振り返る2013年

この日のメインとなるセッションです。東京で行われた形から時間も大幅追加、スピーカーは原一浩さん、矢野りんさん、坂本邦夫さんに加えて、2013okawebアワードの久保木博さんが参加しての4人体制です。

デザイントレンドとは原さんが長年に渡って収集し続けているサイトのキャプチャから抽出を行い、「トレンドとは最先端ではない、時代に最適化されつつある現象である」をキーワードに登壇者が分析を行い、それを伝えていくというものです。

それぞれの分析したトレンドもさることながら、みなさんに注目していただきたいのは登壇者の方々の「説明力」です。デザインを言葉で説明するというのは、なかなか難しい(と私は)思っていますが、それぞれの登壇者の方々がどのように分析してどのように言語化していくのかというのは参考になるのではないかと思います。

秘密にしておきたかった、売りあげを作るネットショップデザインと予備知識

村上智子さんのセッションはネットショップデザインがテーマです。村上さん自身がネットショップで実績を出しに出している方ですので、実践と経験に基づいたお話が聞けると期待しています。結構ウェブデザイナーな方々とは違った視点でのお話が出てくると思いますので楽しみにしています。

詳細・お申し込みはこちらから

ということで、第24回 岡山WEBクリエイターズ「Webデザイントレンド in 岡山 2014」のお知らせ | 岡山WEBクリエイターズ -okaweb- への参加のご検討よろしくお願いします。