position: absolute;

選択されているタグ : sass

タグを絞り込む : book compass css event

一歩先の活用のために…『Sass&Compass 徹底入門』を読んで


今や世界でお馴染み「StyleStatsの石本さん」が監修された、『Sass&Compass徹底入門 CSSのベストプラクティスを効率よく実現するために (DESIGN & WEB TECHNOLOGY)Kindle版)』を購入して読んだのでその感想をば。

ちなみにどうでもいいことですが、間違えて2冊買ってしまったようです。「オレンジ色のアイツ」の発売で、あれこれ面倒を見ていてamazonの荷物開けずに置いていていざ開封したらこんなことに、あうあう。まあ、機会があれば誰かにあげることにしよう、そうしよう。

まずは原著の発売(2013年8月)から半年ほどで発売ということなのでそれほど記述内容が古いということはないと思います。この領域はまだまだ動きがあるのでこのスピード感はありがたいですね。

また、Compassをセットで活用することが前提で書かれているのも実践的でいいと思います。Sassの解説を行う場合に、Compassをどう入れこんでいくかで焦点がぼやけるケースがあったりしますが、こういう形で最初から組み込んでいるので中途半端な印象はありませんでした。


おら、「フロントエンドエンジニア」になる!(なんだそれは)

※例によってイベントの告知ですよー。

「フロントエンドエンジニア」とは何ですか?

まあ、ぐぐればいいんですが、HTMLやCSS、JavaScriptなどクライアントサイドの開発を主に行う人です。CAさんが最近この辺りで本書いたり、セミナー・イベントの講師をされているようなフロントエンドエンジニアのひとをごっそり雇用して業界では話題になっていたのは私の記憶にあたらしい部分です。

で、実際に人の肩書きはどうでもよくて…

肩書きについては「そういうのがある」でいいです。ただ、そういった肩書きの人達が対象としている仕事というものがあります。「フロントエンジニアリング」とでも呼びますか。今や東京ではその辺りの分野の人材のニーズが高いというのはこれで察しはつくでしょう。しかも、この部分は世界レベルで今進歩が激しいです。次から次にでてくるスマートフォン・タブレット、日々仕様が進んでいくHTML5…まあ、激しくならざるを得ないわけです。で、そこについて東京周辺の人達がネットだけでなくリアルでもセミナー・イベントや食事とか共にして情報交換していると。

でも、Webって東京だけの話じゃないですから

多少の時間のラグはありますが、活発な地域で進められている「フロントエンジニアリング」でのいくつかが当たり前になっていく事になるでしょう。その時に対してキャッチアップしていたり、心の準備を行なっておく必要はあるのではないかと私は考えています。確かにあなたは「フロントエンドエンジニア」ではないかもしれません。でも、「フロントエンジニアリング」に無縁でいられないかもしれません。

はい、ということで告知!

ちょうど良いイベントが3つもあるのですよ!そこのあなた!

ということで、コテコテの告知エントリーですが、少なくとも私はこれから先を考える上で外せないとおもいますので上の3つは全部参加するつもりです!(okayama-jsは自分主催ですが!)