position: absolute;

選択されているタグ : gmail

Gmailでショートカットを利用するようにするとめちゃくちゃ楽になりましたわ


まあ、タイトルのとおりなんですけど。それで終わるとTwitterでつぶやくのと変わらないので、一応私が利用してどういう感じで楽になったかということも書き残しておこうと思います。

実は、ショートカットを利用するようになるまではNexus7でAndroidのGmailアプリを使うのが一番快適だなあと思っていたんですが、PCでのショートカットを使うようになって再びPCで利用するのが一番快適だなとなったのです。というわけで知っている人にはなんの役にも立たないエントリー始めます。

にしてもこのところのトレンドに反したエントリーのタイトル付けだなあ…。

まずはショートカットを有効にする

なにはともあれ、Gmailでショートカットを利用するには設定が必要となります。一番上の画像にあるように「キーボード ショートカット」の項目で「キーボードショートカット ON」を選択する必要があります。設定の画面へ行くのは右上の歯車のボタンをクリックすると出てきます。(下の画像参照)


ショートカットを有効にしてしまえばあとは使うだけです。利用できるショートカットの一覧は設定の「キーボード ショートカット」の下の「詳細」のリンクで表示されます(キーボード ショートカット - Gmail ヘルプというページです ※URLが変わるかもしれないのでなるべく設定画面から行きましょう)。

結構いろいろな機能があります。ただ、全部覚えるのもアレなので参考になるか微妙ですが、私が主に利用しているショートカットを書いておきます。


メールチェックするときのショートカット

「 o 」メールを開く
「 j 」次のスレッドへ
「 [ 」アーカイブして次のスレッドへ
「 n 」スレッド内の次のメールへ
「 u 」リストに戻る

…と私が主に使うのはこんなかんじです。最近は様々なサービスがメールを送ってくるので結構「 [ 」を連打してメールチェックを進めていくという感じですね。

メールを書くときのショートカット

「 c 」新規作成
「 a 」全員に返信

cc付きのメールなどは大抵、全員に返信することになるので、基本「 a 」を使っています。返信先が一つのメールアドレスでも「 a 」は使えますので。メールを書いた後は、これはショートカットではないのですが、「 tab 」を押すと「送信」ボタンにフォーカスが行くようになっているので、「 enter 」を押せば送信されます。なので、「メールを書く」→「 tab 」→「 enter 」という流れですね。

とまあ、こんな感じです。あとは自分の利用スタイルに合わせて利用するショートカットを覚えていけば結構快適にGmailが利用できると思います。